尾鷲市動く津波ハザードマップ公開サイト

動く津波ハザードマップは、群馬大学工学部建設工学科災害社会工学研究室が開発している災害総合シナリオ・シミュレータを利用して作成されています。動く津波ハザードマップは、シミュレータによって計算された災害情報の伝達状況や住民の避難状況、そして人的被害の発生状況などをアニメーションの形で分かりやすく表現したものです。 動く津波ハザードマップを閲覧することで、避難のタイミングや災害情報の伝達タイミングなどが、津波によって発生する人的被害に与える影響を視覚的に分かりやすく把握することができます。

 

【更新情報】
2006/2/21 尾鷲市全域を対象とした動く津波ハザードマップの公開を開始しました。

 

下のバナーをクリックすると動くハザードマップが表示されます。
尾鷲市動く津波ハザードマップ
※ポップアップブロック等が機能している場合、正常に表示されない可能性があります。正常に機能させるためには、本サイトをブロックの対象外にするなどの対応をお願いします。

English Version

 

災害総合・シナリオシミュレータの詳細については、下記ページをご参照ください。

災害総合・シナリオシミュレータ紹介ページ

 

群馬大学工学部建設工学科 災害社会工学研究室
〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
URL: http://www.ce.gunma-u.ac.jp/regpln/

TEL: 0277-30-1652 FAX: 0277-30-1601 担当:桑沢