釜石市動く津波ハザードマップ公開サイト

《釜石市動く津波ハザードマップ》

釜石市動く津波ハザードマップは、群馬大学工学部 片田研究室(災害社会工学研究室)が開発を行っている 津波災害総合シナリオシミュレータを利用して作成されています。 津波災害時の災害情報の伝達や住民の避難に関するシナリオを設定することで、 そのシナリオに基づく人的被害の発生状況をアニメーションによって見ることができます。 様々なシナリオを実行することで、地震発生時の避難タイミングや災害情報の伝達タイミングが、 津波災害によって発生する人的な被害規模にどのように影響を与えるか分かりやすく把握することができます。

下のバナーをクリックすると動く津波ハザードマップが表示されます。

※ポップアップブロック等が機能している場合、正常に表示されない可能性があります。正常に機能させるためには、本サイトをブロックの対象外にするなどの対応をお願いします。



《釜石湾津波氾濫アニメーション》

このアニメーションは、明治三陸地震と同規模の地震が発生した場合を想定した、釜石湾における津波の氾濫解析結果を立体的に表現したものです。 津波が発生した際の状況をわかり易く把握することができます。このアニメーションは、岩手県より提供していただきました。


※再生ボタンをクリックするとアニメーションが表示されます。
※データが大きいため、ご利用の環境によってはアニメーションの表示までに多少時間がかかります。

《連絡先》

津波災害総合シナリオシミュレータやその他の研究については、研究室のホームページをご覧ください。
http://dsel.ce.gunma-u.ac.jp/