博士論文
村澤 直樹
漁民の津波沖出し行動の適正化による人的被害軽減に向けた実践的研究(2012年12月)
Keerati SRIPRAMAI
A Study on a Cooperative Relationship to the Regional Fire Fighting Validity -Case Study in Bagkok,Thailand-(2012年3月)
本間 基寛
災害情報リテラシーの向上方策に関する研究(2011年12月) 
Virginia I. CLERVEAUX
Risk Information and Risk Communication for Hazard Loss-Reduction in Caribbean Multicultural Societies(2009年3月)
木村 秀治
洪水リスクの社会的認知・受容の向上方策に関する研究(2008年3月)
桑沢 敬行
危機管理と災害教育のための災害総合シナリオ・シミュレータに関する研究(2006年9月)
児玉  真
住民の災害対応行動にみる心理過程とその特性に関する研究(2004年3月)
淺田 純作
災害時における住民避難のための情報提供に関する研究(2001年3月)
及川  康
河川洪水時における住民の避難行動の特性とその誘導策に関する研究(2001年3月)
2015年度(平成27年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
岩崎 涼介
東日本大震災後の小中学校における防災教育の展開とその教育効果の発現構造に関する研究
大木慎太郎
向社会性と防災意識・行動の関連分析
松井 絢菜
利根川流域住民の避難意向を踏まえた避難促進策の検討
渡邉 沙織
重伝建地区を地域資源としたまちづくりに関する実践的研究〜対象地域の把握〜
卒業論文
石井 美帆
災害発生直後の新聞記事内容に関する考察 〜平成27年関東東北豪雨と過去の豪雨の比較〜
上道  葵
津波避難タワー・ビルへの避難意向特性に関する研究
川勝 雅仁
地方公共団体の防災担当部署の組織体制の決定要因に関する分析
宮崎 麻央
住民主体の防災ワークショップの実践効果と課題の把握
吉原 孝宙
新宮市津波ハザードマップの閲覧効果に関する考察
2014年度(平成26年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
岩崎 那王
防災教育の継続が児童生徒に与える教育効果に関する一考察
大久保政孝
個人の防災行動を規定する潜在意識の構造分析
小柳  亮
正しい災害情報理解の阻害要因に関する構造分析
丸山 一樹
“社会対応”と避難行動の関係を考慮したタイムライン防災の問題点への一考察
宮  豪秀
行政・マスコミによる津波想定に関する情報提供・報道の防災意識低減抑制効果の検討
卒業論文
蟻川 景介
震災発生前後の意識と新想定を考慮した現在の災害に対する意識・行動の把握
大庭  航
東日本大震災以後の小中学校における防災教育の実施状況の把握
齋藤 祥治
新想定の発表が地域住民に与えた影響 〜南海トラフ巨大地震と日本海地震の比較〜
榊原 和哉
津波防災教育のための算数例題集の製作
廣田 佳奈
向社会的行動と防災意識・行動との関係性の検討
山本 俊亮
首都圏大水害の浸水特性に関する情報提供が避難意向に与える影響
2013年度(平成25年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
福平 健太
東日本大震災以降の防災教育の展開と効果
山浦 康寛
防災コミュニケーションにおけるwebサイトの位置づけとその効果的運用に関する研究
卒業論文
岩崎 涼介
「津波てんでんこ」に見る津波避難の課題と考察
大木慎太郎
住民の意識変化にみる地域防災の取り組み実施効果の検証−旧北川辺町における水害避難対策を対象として−
賀佐 雄大
『新想定』の公表が住民の防災意識に与えた影響について
寺坂 瑞輝
被災地の現状を踏まえた復興のあり方に関する考察〜陸前高田市を例にして〜
奈良 侑亮
近年の災害報道の在り方に関する一考察
松井 絢菜
巨大台風襲来時の避難促進のための社会機運の醸成
渡邉 沙織
災害時要援護者支援の現状と今後の支援体制の検討
山中 裕貴
特別警報の運用開始に伴う課題と今後の対応の検討
2012年度(平成24年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
小島 彰吾
洪水避難に関する行動指南情報が住民の対応行動に及ぼす影響
白井 優衣
巨大台風襲来時における広域避難誘導のための社会統制に関する研究
山田 憲義
災害情報の空振り認識が以後の災害対応行動に与える影響
卒業論文
岩崎 那王
原発事故による遠方避難の受け入れ態勢に関する考察−新潟県三条市における避難所評価調査から−
大久保正孝
平時における津波リスク情報が避難行動に及ぼす影響−東日本大震災時の釜石市民の避難実態調査から−
勝浦  秀
非被災沿岸住民の東日本大震災後の津波リスク認知・避難意向の変化
小柳  亮
非被災沿岸住民の東日本大震災前後の防災意識・対応行動の変化
佐藤  譲
巨大台風襲来時における事態進展に応じた行動指南情報が住民の避難意向に及ぼす影響
下風笑美子
災害時要援護者の避難支援の現状と今後の対策−新潟県三条市における7.29 水害時の対応実態−
松澤 友士
「被災」や「避難」といった実体験が、その後の住民の意識に及ぼす影響分析
丸山 一樹
首都圏水害時における住民の適切な避難行動を促進するための情報提供手法の検討
吉田 敬人
帰宅困難者対策に関する一考察;東日本大震災・台風15 号襲来時の実態把握から
2011年度(平成23年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
嘉瀬 崇人
モバイルサイトを用いた水害避難行動に関する情報提供方策の検討
水越  輝
高潮広域避難に関わる住民の意思決定構造に関する研究
卒業論文
新井 俊介
浸水リスク認知向上策の避難意向促進効果の検証
坂   翼
東日本大震災の発生が沿岸地域住民の防災意識に与えた影響
佐々木弘貴
東日本大震災に関する報道の地域偏向とその影響
坪田 謙太
屋内火災時における集団内の率先的避難行動の形成要因に関する分析
中島 健一
バンコクにおける公設消防と消防団どの連携体制構築に向けたアプローチの効果検証
福平 健太
防災対応に関する住民の行政依存意識の低減を促すメッセージ内容の検討
藤田 直也
首都圏大水害を想定した被災後の避難生活意向/生活再建意向の把握
前田 香織
フリーアンサー形式により把握される地域住民の防災意識の特徴
宮  豪秀
“気づきマップ”における洪水リスクの統括的表示方法に関する再検討
2010年度(平成22年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
黒須 克実
土砂災害危険地域における住民主導型避難体制の継続方法に関する検討
原田 祐輔
時間経過にともなう住民の防災意識・防災行動の変遷に関する研究
峯岸 晃成
防災ワークショップにおけるコミュニケーション・デザイン手法の検討―大河川氾濫を想定した緊急一時避難を事例として―
卒業論文
飯塚 聡吾
概略表記型洪水ハザードマップの作成方法に関する検討
川田 明広
住民意識にみる高潮広域避難に関する現状と課題
小久保敦子
防災教育による津波避難促進効果の限界―2010年チリ地震津波襲来時の住民避難実態から―
小島 彰吾
情報提供戦略の違いがダムの社会的イメージに及ぼす影響
斎藤 大樹
非被災地域住民の危機意識・防災行動にみる洪水ハザードマップ公表効果の継続性の考察
白井 優衣
行政職員の防災に対する意識の把握
高柳 萌美
治水対策に関する社会的イメージの形成要因に関する実証分析
早川 拓也
曖昧さ回避のための情報収集行動を考慮した津波避難行動モデルの検討
伴  峻也
発展途上国における地域消防力向上のための課題とその改善方策に関する検討
山浦 康寛
避難に関する行動指南情報のメタメッセージ効果の検証
山田 憲義
アンケート回収率と公表からの期間によるハザードマップ閲覧記憶率の再検討
2009年度(平成21年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
梢  祐介
マスメディアによる災害報道が住民の災害観に与える影響に関する研究
佐々木 央
高潮災害を事例とした住民意識をふまえた広域避難誘導のあり方に関する研究
卒業論文
嘉瀬 崇人
情報提供方法・内容の違いによる説得効果の計測
成塚 拓也
ダム建設事業に対する住民の賛否意識の形成要因に関する考察
前森  瞬
洪水時の適切な対応行動を促す情報内容・提供方法の検討
水越  輝
巨大台風襲来時における高潮災害の住民意識に関する現状と課題
依田 純樹
住民の主体的自助意識が防災対応行動に及ぼす影響
2008年度(平成20年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
淡島  遼
ダムの洪水調節効果に関する住民意識構造に関する研究
高橋 祐一
土砂災害を対象とした住民主導型自主避難体制の確立に関する実践的研究
吉尾  隆
津波常襲地域における被災前復興計画の提案
卒業論文
愛沢 弘崇
洪水ハザードマップの利用を事例とした住民の災害情報の主体的活用態度に関する研究
礒山  星
津波常襲地域における津波避難を地域に定着させることを目的とした防災教育プログラムの開発
小平 健太
安心・安全な地域づくりに対するコミュニティ・リーダーの意識構造分析
片岡 良輔
避難誘導のための標識デザインに関する研究
黒須 克実
防災に対する態度・行動変容に見る津波避難個別相談会の実施効果分析
橋本  基
避難所の情報ステーション化による住民避難率の向上に関する考察
原田 祐輔
住民の防災意識・行動の時間的変遷に関する研究
峯岸 晃成
発話分析を用いた効果的な防災ワークショップのあり方に関する研究―洪水災害を事例として―
2007年度(平成19年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
阿部 広昭
保護者の子供への不安感を用いた津波防災意識・行動促進策の実践
小熊 洋輔
住民主導による洪水避難計画策定のためのリスク・コミュニケーションに関する研究―埼玉県戸田市を事例に―
鈴木 弘武
行動指南型洪水ハザードマップの住民受容の構造分析
根岸 孝明
多文化地域における防災教育のあり方に関する研究
野村 恒太
洪水災害に対する住民の態度構成の地域比較
卒業論文
AndhiTiawarman
Web GISを用いた用いた災害情報管理システムの開発
興野 博哉
わが国における近年の防災実践研究に関する現状分析
梢  祐介
災害報道が非被災地住民の災害イメージに与える影響に関する実証的研究
佐々木 央
市町村の災害対応にみる充実化した災害情報の活用実態とその課題
篠原  翔
発話分析を用いた防災ワークショップの効果計測
清水 勝也
平成19年台風9号災害時の藤岡市上落合地区住民の避難行動実態
世取山良弘
過去の洪水実績情報が居住地選択行動に及ぼす影響に関する基礎絵的研究
渡邊 竜太
被災原因に着目した災害報道内容の質的分析
2006年度(平成18年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
江原  豊
津波避難における家族紐帯の改善を目的とした防災教育の実践とその効果分析
卒業論文
淡島  遼
ダムによる洪水調節効果に対する認識構造の把握
高橋 祐一
避難情報の段階的な発令とその住民受容構造に関する研究
豊村 悟司
浸水リスクの概略的表現を用いた洪水ハザードマップの住民意識への影響分析
古川 雅由
避難計画と連動できない洪水ハザードマップが住民意識に与える計画
堀合 治朗
豪雨災害経験と加齢による住民の危機意識および行動の変化について
三浦 麻希
災害総合シナリオ・シミュレータを用いた防災教育ツールの開発とその実践
宗方 伸之
メディアによる災害報道が被災地域住民の災害イメージに与える影響―2004.7.13 新潟豪雨災害に関する新聞報道を事例として―
安本 哲郎
行動指南型ハザードマップのあり方とその効果に関する研究
吉尾  隆
災害復興に関する施策の実態と被災前復興計画の提案
2005年度(平成17年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
井之本 信
リスクインフォメーション伝達の観点から見た災害報道のあり方とその効果に関する研究―2004.12.26 インド洋津波災害を事例として―
金  大鉉
巨大自然災害に対する意識と対応に関する国際比較―日本と韓国―
鈴木 克実
2004.7.13 新潟豪雨災害時にみる同居世帯員間での連携行動に関する実証的研究
手島 知史
津波常襲地域を対象とした防災教育の実践とその効果計測
細井 教平
津波災害時の住民の避難意思決定モデルの構築と津波災害総合シナリオ・シミュレータへの適用
望月  準
土砂災害に関する防災教育と自主避難体制のあり方に関する実証的研究―みなかみ町での取り組みを事例として―
森  豊洋
時空間分析による2004.7.13 新潟豪雨災害時の住民行動の検証
吉岡 琢郎
住民の流域認識の欠如が水害時の対応行動に与える影響―2004.7.13 新潟豪雨災害を事例として―
卒業論文
阿部 広昭
津波常襲地域における津波知識の世代間伝承に関する実証的研究
小熊 洋輔
2004.12.26 インド洋津波災害に関する報道が津波常襲地域の住民に与えた影響に関する実証分析
島村 憲弘
「動くハザードマップ」の公表によるリスク認知向上に関する研究
鈴木 弘武
被災調査結果を用いた時空間分析の有効性に関する一考察―2004.7.13 新潟豪雨災害を事例として―
田口 雅之
2004.7.13 新潟豪雨災害にみる住民の水害リスク認知と情報取得・行動意向との関連分析
根岸 孝明
みなかみ町粟沢地区での自主避難体制確立に向けた取り組み
野村 恒太
住民の避難行動を考慮した洪水ハザードマップの開発―青信号ハザードマップの提案と開発―
2004年度(平成16年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
阿部 裕介
わたらせ渓谷鐵道を対象とした戦略的来訪促進策の検討
岩崎 隆雄
住民の防災対応意識の実態とその変容促進策の検討
大橋 啓造
交通ハザードマップを用いた交通安全教育の効果と課題
土井 雅晴
観光地選択行動における来訪経験の影響評価
古畑 由騎
第三セクタ−鉄道の経営形態の構造的特質とその問題点
守家 和志
鉄道駅新設に対する期待の変化と利用動向との関連分析
卒業論文
大賀 透也
津波避難の意思決定構造とその構造特性に関する研究
黒澤 智子
地域防災力の機能成立条件における考察〜新潟豪雨災害における避難困難者支援をめぐって〜
真保 英介
住民に対する土砂災害教育のあり方とその効果・波及に関する研究
高澤なぎさ
災害時の対応行動にみる世帯内相互依存の影響構造
2003年度(平成15年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
卒業論文
北島 文記
住民アンケートによる地域内の震度分布に関する考察
手島 知史
災害対応の役割分担意識に関する研究〜2000年東海豪雨災害後の西枇杷島町民を事例に〜
細井 教平
津波避難の意思決定構造に関する研究
望月  準
津波災害知識の形成とその問題点
2002年度(平成14年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
荒畑 元就
台風接近時における住民の情報取得行動に関する研究
段  春玲
産業連関分析と用いた中国における酸化炭素排出量分析とその削減方法に関する研究
卒業論文
岩崎 隆雄
台風接近時における住民の情報取得行動と危機意識の変遷に関する研究
大西 直樹
災害時における住民の情報取得態度の規定要因に関する構造分析
川名とにか
災害教育に関する基礎的研究
茂木千賀子
台風接近時の行政対応における災害情報利用に関する研究
2001年度(平成13年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
荻原 一徳
火山噴火災害の進展を想定した防災施策に関する研究
山口 宙子
地域コミュニティにおける住民の災害対応行動を相互支援に関する研究
2000年度(平成12年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
岡島 大介
洪水避難に関わる情報提供とその住民理解に関する研究
桑沢 敬行
災害情報伝達のシナリオシミュレータの開発
児玉  真
河川洪水に対するリスク・イメージの構造とその避難行動への影響
杉山 宗意
洪水ハザードマップの住民理解と公表効果に関する研究
卒業論文
FadzilahBintiHamzah
洪水ハザードマップの作成状況と作成自治体の事後評価
荒畑 元就
東海豪雨災害における住民の災害情報取得とその避難行動への促進効果に関する研究
岡田 俊介
火山泥流発生時における避難行動の意思決定要因に関する研究
小池 清彦
桐生市における洪水時の避難所に対する住民意識に関する研究
須賀 睦介
火山噴火災害の進展過程における住民の心理と行動に関する研究
坪井 博史
災害時におけるWeb-Pageを用いた情報発信に関する研究
1999年度(平成11年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
寒澤 秀雄
洪水時における災害弱者の避難問題に関する研究
森田 光彦
水害に備えた住民の被害軽減行動に関する研究
卒業論文
荻原 一徳
河川洪水に対するリスク・イメージの構造に関する研究
西河 大志
平時における住民の災害情報ニーズに関する研究
西村 準哉
洪水危険度認識の形成要因とその洪水対応行動への影響
福田 圭一
山地中小河川における豪雨災害に対する住民意識に関する研究
山口 宙子
洪水時における独居・高齢者世帯の避難行動特性と避難援助に関する実証的研究
1998年度(平成10年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
小芝 弘道
地域産業関連表を用いた地域の経済構造分析
田中 隆司
複数メディアを用いた災害情報伝達のシミュレーションモデル
卒業論文
岡島 大介
群馬大学工学部が桐生市経済に与える影響
桑沢 敬行
情報の質的変容を考慮した災害情報伝達のシミュレーションモデル
児玉  真
治水施設整備の進展が住民の水災害意識と避難行動に与える影響
杉山 宗意
洪水ハザードマップに対する住民評価とその公表効果
1997年度(平成9年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
及川  康
住民への災害情報伝達シミュレーションモデルの開発
岡  寿一
東京-地方の関係構造に着目した公共投資の経済波及効果に関する研究
卒業論文
梅田 健介
齊藤  豪
河川洪水時における住民の避難行動と情報伝達行動の特性分析
寒澤 秀雄
投入係数の構造的特質とそれを用いた地域の経済構造分析
森田 光彦
水害経験が河川洪水時の避難行動に及ぼす影響
森戸 宏司
河川洪水に対する災害意識の形成要因分析
1996年度(平成8年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
修士論文
井原 常貴
地域産業連関分析における空間集計問題
増山 智浩
災害時の住民間情報伝達の特性に関する研究
卒業論文
小芝 弘道
地域産業連関分析における技術連関特化の構造特性
塩田 英貴
地域社会への所属費用に関する実証的研究
田中 隆司
災害時における住民間情報伝達のモデル化とその地域適用
谷合  哲
混住化社会における住み良さ感の構成に関する研究
中島 丈晴
拡張した東京都産業連関表を用いた新社会資本整備と建設型公共事業の経済波及特性の分析
宮下 永幸
桐生市民の災害意識と防災対策に関する実証的研究
1995年度(平成7年度)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
卒業論文
赤代 政宏
外生需要がもたらす経済波及効果の地域帰着構造分析
及川  康
災害時における住民間情報伝達ネットワークのシミュレーション分析
岡  寿一
公共投資の経済多作としての有効性に関する研究